ローカルにインストールした WordPress のアップロードメディアファイルのサイズ上限を変更する

WordPress (Ver 4.0) をローカルにインストールして色々実験している。
でもアップロードメディアファイルの上限がデフォルトの 2M バイトのままだとどうにもならないので、これを拡張することにした。

関連情報を調べてみると、アップロードの上限を変更する方法としては、およそ次の三種類に大別されているのが分かった。その中で私が参考にさせていただいたサイトはここにある。

  1.  .htaccess  ファイルを編集して上限値を設定する。
  2. php.ini ファイルを作成して上限値を設定し、それを wordpress ルートディレクトリに配置する。
  3. 特権管理者の権限で上限値を設定する。


スポンサーリンク


結論:

採用した方法は次のとおり。上記の三種類の方法は結局使用しなかった。
既存の〈・・・\xampp\php\php.ini〉 ファイルをテキストエディタで開き、そこにある次の二項目の定数の値を変更して保存する。

定数リストとデフォルト値など:

  • post_max_size=8M                   40M など適当な値に変更。
  • upload_max_filesize=2M      30M など適当な値に変更。

注意事項:

  • xampp がインストールされていることが前提。
  • php.ini   変更保存後に Apache を再起動する必要がある。

経緯:

参考サイトの中に  php.ini  の新規作成・配置ではうまく行かないと書かれていたので 、まず三番目の方から試したのだが、これは全然だめだった。そのワケは知りたいが、調べるのはもうちょっと色々分かってからにしようと思う。

次に試したのは  .htaccess  の編集で、これはうまく行った。
しかし WordPress フォーラムの記事を見ると 「この方法は好ましくない」 とされており 「php.ini  で設定するのが本筋だ」 というようなことが書かれているので、半信半疑で  php.ini  の作成・配置を試す。うーん・・・やはりうまく行かない。参考サイトの方が正しいようだ。

他のサイトで「あるバージョン以降から php.ini での設定はできなくなった」と書かれていたので、今ではフォーラムの記事の方法は無効になったようだ。残念!

このようなドタバタを経てたどりついたのが結論にある方法だ。
今回はタイトルにもあるように、あくまでもローカルにインストールされた WordPress を設定するのが目的なのでこの方法が採れる。

テキストエディタ:

色々なサイトで「メモ帳(notepad.exe)」は使わない方が良いと書いているが、最近の「メモ帳」は文字コードUTF-8 に対応しているので、注意さえすれば全然問題ない。
ファイルを開く時に文字コードをデフォルトの ANSI から UTF-8 に変更してしまえば良い。そうすれば保存する時にも文字コードの設定が変わることはない。

ただし「メモ帳」は保存時のファイル名をどうしても「○○.txt」にしたがるので、その点は注意する必要がある。私自身は「メモ帳」は使わない。もう長いこと「秀丸エディタ」を使用している。

NotePadFileDialog メモ帳のファイルダイアログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です